よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

SoomloomとM-STYLEのペグを比較してみる

ペグといえばエリッゼステーク、ソリッドステークが超有名ですが、結構いいお値段です。

 

いろいろな商品を比較して検討しましたが、今回は僕が購入した、Soomloom(スームルーム)とM-STYLEのペグをご紹介します。

 

 

 

ざっくり外観を比較

f:id:itukadarekano:20210226202933j:plain

外観を比較

※サイズが違ってすみません。

 スームルームは20センチ、1度だけ使用。

 Mスタイルは30センチ、3度使用したものです。

 

第一印象として、スームルームは仕上げが綺麗です。

全体的に丸みを帯びている印象があります。

 

一方、Mスタイルはざっくりというか、

仕上げが荒いという感じがします。

 

どちらも素材はスチールになります。

 

但し、Mスタイルは鍛造。スームルームは鋳造である為、単純に強度を考えた場合はMスタイルに軍配が上がると思います。

 

 

ペグの上部を比較

f:id:itukadarekano:20210226203708j:plain

Soomloomなんか、綺麗です。

 拡大してみると、スームルームの仕上げの綺麗さがよくわかります。

 

素手で持っても、手に馴染みます。

 

Mスタイルは角が立っているので、

 

素手でもつと痛いと感じるかもしれません。

 

実際に僕もそう感じた為、角をやすりで丸めました。

(結構めんどくさかった)

 

 

また、スームルームは突起状のものがありガイロープが抜けにくくなっています。

 

Mスタイルには突起はなく、こちらは角の立った部分で

 

ガイロープにダメージが出ないか、気になります。

 

 

ペグの先端を比較

f:id:itukadarekano:20210226204801j:plain

丸と角って感じ。

スームルームのペグは、先端が鉛筆のようです。

丸、という印象ですが、問題なく刺さります。

 

Mスタイルは四角錐(しかくすい)のような形状で、かなりとがっています。

 

※購入時はさわると痛いくらい尖っていましたが、

 数回の使用で先端は画像のようにやや潰れました。

 塗装も3回の使用で画像のようにハゲてきました。

 

Soomloomのペグは紐付き

f:id:itukadarekano:20210226205813j:plain

夜光ゴムロープ付き

反射材入りのロープのようですが、夜はそんなに目立ちません。

 

 引き抜くのもペグハンマーのフックを丸穴に引っ掛けるので、紐の出番は基本ないです。

 

が、我が家の20センチペグはスームルームで揃えているので、パッと見でペグの長さが分かる。(ペグを取り違えない)

 

というメリットがあります。

 

 Mスタイルのペグは先端にキャップ付き

f:id:itukadarekano:20210226210751j:plain

キャップがついています。

キャップが必要か?といわれると、このペグは先端が鋭いので、あった方がよいかもしれません。

 

キャップなしだとペグケースやツールボックスにもダメージが出そうなくらい、本当に先端が尖っていますので。

 

ですが、「先端が尖っていなければキャップはいらない」わけでして。

 

そう考えるとどうなんでしょう。。

 

なお、soomloomのペグにはキャップがありませんが、

 

こちらは先端が丸みを帯びているので、そのままペグケースへ入れても全然問題ないです。

 

それから刺さり具合ですが、ぶっちゃけどっちも変わりません。

 

 どっちがオススメ?

コスパを考えた場合。どちらもありです。

 

どちらも十分安いです。

 

が、個人的には仕上げが綺麗なsoomloomを選びたいですね。

 

オレンジの夜光テープでの識別も良い感じです。

 

重要な強度面の検証が充分できていませんが、個人的な印象としては、どちらも石に当たれば貫通は難しいという印象です。

 

よって、実用として大きな差異はない、と思います。

 

 

ご予算、見た目の好みなども含め、検討頂ければと思います。

 

では。