よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

ゼクーMの設営は大変なのか?購入前の不安と使ってみた結果

ゼクーMの購入前は、設営が結構大変なんじゃないかという不安がありました。

  

実際に使用してみて、その不安は的中したのか。選択に失敗はなかったのか。

 

実体験を交えながら、解説していきます。

 

 

 

 

全く購入予定になかった、ゼクーM

f:id:itukadarekano:20210327213346j:plain

当初、購入するテントの条件として「設営が簡単」な事を重視していました。

 

設営と撤収が面倒だと、キャンプそのものが嫌になってしまうと思っていたからです。

 

テントの候補は、下記3つ。

  • ぺポライト(テンマクデザイン)
  • ピスタ34(オガワ)
  • クロノスキャビン3型(モンベル

条件は、240×240cm程の二人分の空間があり、コンパクト&軽量なもの。

 

なのになのに、出会ってしまったゼクーM。かっこいい。欲しい。候補とはだいぶ違うサイズ感でしたが勢いで購入。

 

ただ、ペグもガイロープも多く大変そう。大丈夫か?と不安になりました。

 

 

ゼクーの設営は大変なのか?

f:id:itukadarekano:20210318204604j:plain

設営時間は初張り時で40分。慣れてきて30分ほどです。

 

適当にやったら20分かもだけど、綺麗にかっこよく張りたいからそれなりに時間がかかります。

 

6角形ワンポールのゼクーは設営にコツがいります。だがしかし、面倒じゃない。

 

考えながらじっくりと設営する時間が実に楽しいんです!

 

思考錯誤しながらイメージ通りにピシッ!っと張れたら気分は最高。

 

f:id:itukadarekano:20210309203117j:plain

「設営に手間取るのは時間がもったいない」と思っていたのに、

 

「こんな楽しい時間は堪能しないともったいない!」と真逆の考えになりました。

 

体験しなきゃわからんとは、まさにこのことです。

 

設営時は真剣すぎて目が▽になってる事ありますが(笑) 

 

なお、結構勘違いされることが多いですが、ペグの最低必要数は12本です。

 

 

ゼクーの最低ペグダウン本数

f:id:itukadarekano:20210327214410j:plain

ペグ打ち箇所

ゼクーのペグ打ち箇所

画像①:6本 6角形の頂点

画像②:3本 エクステンションフレーム頂点のガイロープ3か所

画像③:3本 下部ベンチレーションのガイロープ3か所

=====ここまで必須=====

画像④:3本 エクステンションフレームの下部3か所

画像⑤:6本 強風時の補強ガイロープ6カ所

スカート:12本 スカート固定6カ所×2本

 

上記のとおり、最低必要なペグダウン箇所は12カ所です。

 

強風時と冬場以外は12カ所だけで問題ないです。

 

ペグは全部打つと大変。だけど、全部打つ事はほぼないから、イメージより大変じゃない。

 

これが事実です。

 

無駄だって、キャンプでは楽しみになる

f:id:itukadarekano:20210327220233j:plain 軽くて設営が楽なテントを効率よく張るのももちろんいいです。

 

でも、効率の追求は会社だけで充分。

 

ここはキャンプ場。無駄?いいじゃんね。それも楽しめば!

 

無駄。そんな言葉自体が、

 

無駄無駄無駄あぁ!

 

 

なのでした。

 

 

 

itukadarekano.hatenablog.com