よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

チューハイのロング缶がお得ではなかった事に気づいてしまった男の末路

「そんなバカな。あり得ない。」

 

男は車で動けなくなっていた。

 

電卓に出た結果が、あまりにも衝撃的だったからだ。

 

いつも買っていたチューハイのロング缶は、

 

「損をしていた」事に気づいてしまったのだ。

 

f:id:itukadarekano:20210406191932j:plain

 

 

 

 

1.5倍は勘違いと気づいたあの夜

仕事帰りにスーパーへ寄り酒を買う。

 

いつもと何も変わらない、何気ない日常。のハズだった。

 

車を停め、ふと頭をよぎる言葉

 

「今月も、節約しなきゃな…」

 

最近は酒の量が増えていた。

 

ストロング系チューハイを好んで飲むが、350mlでは物足りなくなり、500mlのロング缶を買うようになっていたのだ。

 

お気に入りは、「麒麟特製レモンサワー」だ。

 

若い頃はブドウや桃などの甘いサワーばかり飲んでいたが、最近はレモンやグレープフルーツの柑橘系が好きだ。歳をとったということだろうか。

f:id:itukadarekano:20210406194101j:plain

「今までは98円だったけど、ロング缶だと148円か。」

 

男は金額に敏感だった。

 

給料日に赤字が確定するような生活をずっと続けていれば、そうもなる。

 

「まあ、1.5倍の量って考えると、金額的にも妥当だよね」

 

理由は大事だ。「お得に買った」という事実は、「無駄遣いではない」と自分を都合よく納得させられるからだ。

 

ん?ちょっとまてよ。

 

350mlの1.5倍って、、、500mlじゃないよな。

 

疑問に思った時には、既にスマホを取り出し電卓を構えていた。

 

500mlって、350mlの何倍だ?

 

叩きだした結果は、

 

f:id:itukadarekano:20210406192819j:plain

 

そんな、、、バカな、、、、、

 

慌てて叩きなおすが、目の前にある数値は同じだった。

 

1.42…

 

何て事だ。完全に、思い込みだった。

 

 

この数値を見たとき、男は既に気づいていた。

 

1.5倍…じゃない。 

 

ロング缶は割高だったのだ

 

350ml… 98円 ならば

500ml…139円 が妥当な値段のハズだ。

 

なのに、148円でいつも買っていたのだ。

 

俺は、、、騙されていたのか。

 

 

ロング缶は全て「損」なのか?

 重い足取りで酒コーナーへ向かう男。

 

他に買う食材もあったはずだが、そんな事は既にどうでもよくなっていた。

 

「ロング缶は損なのか!?」

 

頭の中はこれだけだった。

 

いつもの酒を見る。

 

350ml→98円。500ml→148円。

 

はい!負け!!

いつもと同じ値段。このロング缶は、損だ。負けだ。

 

勝ち負けの意味がわからないが、男の中では負けのようだ。

 

 

次の商品を見る男。買う気もないのに値段を見る。

 

350ml→108円。500ml→158円。

 

「計算できねぇ、、、」

 

仕方なく電卓をたたく。他人の視線など、もうどうでもいい。

 

これも負け!!!

 このロング缶も、損じゃないか。。。

 

なんてことだ。まとめ買いはお得だ。ボリュームディスカウントだ。絶対的な事実であり、疑いもしてこなかったのに、

 

現実は、違ったのだ。

 

 

 賢者、現る

f:id:itukadarekano:20210406195650j:plain

 一体このスーパーに何をしに来たのか。

 

 

今までずっと損をしていた、という悪魔の言葉に侵され、男のHPは枯れる寸前だった。

 

「ロング缶でもお得」という事実を、この目で確認したかった。

 

ただ、それだけだった。

 

陳列されたチューハイを端から端へ眺める。

 

人目につきにくい端に、賢者はひっそりと佇んでいた。

 

くらしモア」ストロングチューハイ。

 

いわゆるプライベートブランド品だ。

 

350ml→88円

 

価格は最強だ。恐る恐るロング缶の価格を見る。

 

500ml→118円

 

「118円!勝てる!これは勝てるぞ!」

 

電卓を叩く男。88×1.42、、、

 

出てきた結果は、124.9

 

「勝った!!!!!!!」

 

このチューハイは、ロング缶の方がお得だ!

 

求めていた結果が、ついに現れた瞬間だった。

 

 

だがしかし、男はこのチューハイをあまり買わない。

 

賢者チューハイは、男の口に合わなかった。

 

勝った意味は、あったのだろうか?

 

 

コンビニに現れた、まさかのフェアマン

f:id:itukadarekano:20210406201251j:plain

 コンビニは便利だが、高い。

 

きっと誰もが思う事。男もまた、同じだった。

 

ただ、セブンイレブンで売っているストロング系チューハイが100円という絶妙な値段であることは認識していた。

 

味も全然悪くない。

 

スーパー  98円

コンビニ 100円

 

 この2円の差は絶妙だ。

 

スーパーで買うべきだが、2円ならいいか。と自分を許せてしまうし、実際たまに買っていた。

 

先日、スーパーのロング缶が割高と気づいた男は、ロング缶の値段を見る事がくせになっていた。

 

重要なのは「1.42」この数値だ。

 

350ml缶の値段を1.42倍する。

 

ロング缶の値段がその数値以下ならば「勝ち」それ以上ならば「負け」だ。

 

勝ち負けの意味があるのか?と疑問に思うが、男はそれしか考えていない。

 

セブンイレブンのチューハイはシンプルだ。

 

350ml→100円。

 

つまり、ロング缶が142円以下なら「勝ち」。それ以上なら「負け」となる。

 

陳列されているロング缶に視線を向けると、、、

 

なんと!142円!

 

妥当。超、妥当。

 

最高にフェアマンじゃないか。

 

勝ちでも、負けでもない。妥当な値段。紳士な値段とも言える。

 

すごいぞ、セブンイレブン

 

 

その男の末路:ロング缶の勝敗分岐ポイント

f:id:itukadarekano:20210406203055j:plain

「好きなの買って飲め。」

 

おっしゃる通り。その通りです。それが一番です。

 

ぶっちゃけこんな事考えるなんで、人生という時間を大変無駄にしております。

 

ですが、男は止まりません。

 

検証を重ねた結果、

 

ロング缶がお得かお得じゃないかは、商品や店によって異なる

 

という、当たり前すぎる結論にたどり着いたようです。

 

なのに男は、

 

「俺はお金に余裕がない。だからお得に買い物しなきゃいけないんだ」

という、意味不明な使命感に囚われています。

 

ちょっとかわいそうです。

 

ていうか、そもそも酒買ってる場合か?という疑問は、そっと胸にしまっておいてください。

 

 

そんな、男の末路。

 

何かツール的なものを完成させたようです。

 

 

「ロング缶の勝敗分岐ポイント測定ツール~~~~~」

 

 

ロング缶の値段がお得かそうではないか判断するツールのようです。

 

会計用語で損益分岐点というものがありますが、似たようなもんとかなんとか。

 

解説:まず、販売されている350ml缶の価格を確認する。次に、その価格に対応する、500缶勝敗分岐価格が販売価格以上か以下かを見る。

 

例:350ml缶が98円で売ってる。同じ商品の500mlロング缶は148円で売ってた。

 

→下記表では500缶勝敗分岐価格は139円の為、販売されていた148円は割高となる。つまり、ロング缶を買ったら負け。

 

【ロング缶の勝敗分岐ポイント測定ツール】

350缶 500缶 勝敗分岐価格

 88円 125円

 98円 139円

108円 153円

118円 168円

128円 182円

138円 196円

 

350缶が上記価格以外だったらどうするの?の疑問については、「計算して」らしい。

 

突っ込み所は山ほどあるが、どうやら男は満足しているようだ。

 

ロング缶を片手に、既に酔っている。

 

もう、ほっておこう。

 

 

おまけ:損得勘定もいいんですけど

 

ごちゃごちゃ言わずに、

 

 

お酒は楽しく飲むのが一番です

 

 

 最後まで、ありがとうございました。