よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

ゼクーMとゼクーLの広さを比較。圧倒的に違うその訳

ゼクーLを展示会で見た際に、その圧倒的な広さに驚きました。

 

サイズだけを見ると、わずかしか違いがないように見えます。

 

が、このわずかな数値が、居住性を大幅にアップさせていることに気づきました。

 

ゼクーMと比較しながら、解説していきます。

 

 

テント内で立てる空間の広さが全然違う

f:id:itukadarekano:20210523225812j:plain

立てる空間の比較イメージ

ゼクーMに対して、ゼクーLは幅で1m。高さが35cmアップしました。

 

数値では、わずかに大きくなった。という印象ですが、実際にゼクーLを見るとその広さに驚きます。

 

その理由は、立てる空間が圧倒的に広くなったからです。

 

ゼクーは逆V字のエクステンションフレームを採用することにより、ワンポールテントのデメリットである居住空間の問題を解決しています。

エクステンションフレームの高さは、ゼクーMは140cm。ゼクーLは約170cmです。

 

ゼクーMでも充分広いのですが、テントの端の方は直立することができません。

 

対してゼクーLのエクステンションフレーム高は約170cmあり、テント内ほとんどの空間で直立可能な高さが確保されました。

 

圧倒的な広さを感じるのは、この違いによるものだったのです。

 

f:id:itukadarekano:20210309223653j:plain

ゼクーMとLのサイズ比較

 

ゼクーLのリビングの広さと最適な人数

f:id:itukadarekano:20210524203405j:plain

ゼクー内の広さを考えるには、テントの寸法でなくリビングシートの寸法で考えると間違いが少なくなります。

 

ゼクーLのリビングシートは、以下寸法になると予想しています。

f:id:itukadarekano:20210523233939j:plain

内部寸法は、6畳の部屋がすっぽりと収まってしまうほどのサイズです。

 

 ファミリーでの使用でも充分すぎるほどの余裕があります。

 

なお、一般的なマット・寝袋をリビングシート「半分のエリア」に並べたイメージは、

 

ゼクーM : 2人

ゼクーL : ゆったり3人 or 詰めて4人

 

といった感じになります。

 

リビングシート奥の△スペースと土間部分は、荷物置き場として充分なスペースがあります。

 

f:id:itukadarekano:20210524194600j:plain

寝袋を並べたイメージ

現実的な許容人数としては、

 

ゼクーM  : 大人2人+子供1人まで

ゼクーL : 大人4人まで

 

になるのではないでしょうか。

 

寝るだけならばもっと入りますが、荷物やくつろぐ場所も大事なので、上記が快適に過ごせる人数と思います。

 

なお、別売りのインナーテント内に寝袋を並べる場合も、やはり4人分でいっぱいになるサイズです。

 

 

ゼクーのインテリアレイアウトのコツ

f:id:itukadarekano:20210524203112j:plain

ゼクーは6角形のテントです。

 

3辺が天井が高く、3辺が天井が低くなっています。

 

天井が高いのはエクステンションフレームの箇所で、天井が低いのはベンチレーションの箇所になります。

 

よって、天井の高いエクステンションフレーム側をリビングにすることで、圧迫感が少なく快適度が増します。

 

設営時には忘れがちですが、覚えておくと良いポイントになります。

 

f:id:itukadarekano:20210524202957j:plain

リビングは天井が高い方へ配置すると良い

参考: ゼクーMの天井の高さの違い

f:id:itukadarekano:20210612235316j:plain

画像のモデルは身長170センチ。チェアの座面高さは41センチです。

 

この場合、エクステンションフレーム側では、テント外側にめいっぱい寄っても頭は触れませんが、ベンチレーション側はテントから60センチ離れた位置で頭が接触します。

 

このように、レイアウト次第で快適度が大きく変わります。

 

区画サイトの広さに注意が必要

f:id:itukadarekano:20210524204915j:plain

ゼクーは非自立式のテントであり、ガイロープの使用は必須です。

 

よって、設営スペースはテントの大きさ+3mは少なくとも必要になります。

 

昔からあるキャンプ場は、区画サイトの広さに余裕がない事も多いです。

 

サイトの広さの目安(テント単体の場合)

ゼクーM : 7×7m 以上のサイト

ゼクーL : 8×8m 以上のサイト

 

特にゼクーLは車込みの場合は10×10m必要です。キャンプ場の選択肢も、かなり限られてきます。やはり、フリーサイトでの使用がオススメです。

 

キャンプ場予約の際は、充分ご確認ください。

 

当ブログでは、他にもゼクーに関する記事が多々あります。

 

参考になればとても嬉しいです。

 

 

www.itukadarekano.com

www.itukadarekano.com

www.itukadarekano.com 

www.itukadarekano.com