よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

ゼクーMの畳み方。撤収はシワに注意し、いつまでも美しく・カッコ良く

ゼインアーツのゼクーM。本当にかっこいいテントです。

 

かっこいいテントは長く、大事に使いたいですね。

 

だから撤収時もできるだけ綺麗に畳みたい。…でも、この個性ある六角形がちょっとやっかい。

 

始めの頃は、どうしたものかと悩みました。

 

そこで今回は、僕が行っているゼクーMの畳み方をご紹介しようと思います。

 

f:id:itukadarekano:20211129210126j:plain

 

ゼクーM撤収時の注意点について

f:id:itukadarekano:20211129220118j:plain

まず撤収時の注意点、というか頭に入れておきたい事です。

 

ゼクーの採用するポリエステルリップストップは、軽さと強さを両立させた生地ですが、その反面、シワがつきやすいというデメリットがあります。

 

さらに、ついてしまったシワはとれにくいです。

 

この特徴を良く理解しできるだけシワにならないように畳む」事が大事と思います。

 

 

ゼクーMの畳み方

f:id:itukadarekano:20211129210215j:plain

撤収はいつも名残惜しいですね。

 

まずはじめに、外周のペグを抜いていきます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210503j:plain

僕の場合、強風時の補強用ガイロープはカラビナで脱着式にしているので、取り外してしまいます。

 

その他6カ所(設営に必須の部分)は幕本体に取り付けたまま結んでいます。

 

結ぶ際は、ジザイの部分まで目いっぱい伸ばしてから、まとめていきます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210526j:plain

下部ベンチレーションのある3か所は、ガイロープを「半分の半分」にして結びます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210548j:plain

エクステンションフレーム部は、「半分の半分の半分」にして結んでいます。

 

いわゆる「こぶ結び」ですが、ほどくのは簡単です。

 

ガイロープ6カ所を結んだら、エクステンションフレーム3つを外します。

 

f:id:itukadarekano:20211129210616j:plain

幕を畳む際は、頂点を基準に半分になるようにしたいので、

 

まず、対角線上の2カ所のペグ(赤丸部分)だけ残して、他の4カ所のペグを抜きます。(黄色部分)

 

f:id:itukadarekano:20211129210643j:plain

ペグを抜いていくと幕が倒れそうになるので、もう一人いる場合はセンターポールを支えてもらいます。(まあ、倒してしまっても大丈夫です。)

 

ペグ2本の状態になったら、半分に折りたたむように横倒しします。

 

f:id:itukadarekano:20211129210711j:plain

パタンと倒した状態。奥が頂点の箇所です。残り2カ所のペグを抜きます。

 

頂点を基準に、半分にしたイメージが伝わるかと思います。

 

f:id:itukadarekano:20211129210732j:plain

センターポールを抜きます。

 

※先に抜いてしまってももちろんOKです。

 

f:id:itukadarekano:20211129210753j:plain

頂点とペグダウン位置(黄色丸)を基準に、シワをできる限り伸ばします。

 

裏側(下側)もちゃんと伸ばしましょう。

 

ある程度伸びたら赤い点線を基準に折りたたみます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210813j:plain

1カ所折りたたむ毎にできるだけシワを伸ばします。

 

反対側も赤い点線を基準に折りたたみます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210841j:plain

2人で畳む際は、一人が頂点を抑えていると畳みやすいです。

 

風が強い日に1人で畳む場合は、頂点に重しを置いておくとやりやすいです。

また、頂点側を風上にすると良いです。

 

f:id:itukadarekano:20211129210901j:plain

さらに半分に畳みます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210920j:plain

もう1回パタン。もうちょっとです。

 

ゆっくりと、丁寧にシワを伸ばしながらです。

 

f:id:itukadarekano:20211129210939j:plain

ここまでくると収納袋とほぼ同じ幅(70cmちょっと)になります。

 

次は頂点側からパタパタと畳んでいきます。

 

f:id:itukadarekano:20211129210956j:plain

中に空気が入ったままだとかさばるので、軽く抑えるように空気を抜きながら畳んでいきます。

 

f:id:itukadarekano:20211129211018j:plain

ある程度の場所まできたら、スカート側からも畳みます。

 

※スカート部分が外側にくると畳んだ際にごちゃつくので、内側に入れたいのです。

 

f:id:itukadarekano:20211129211047j:plain

2,3回くらい畳んでもう完成です。

 

f:id:itukadarekano:20211129211125j:plain

収納袋とほぼ同じサイズになりました。

 

f:id:itukadarekano:20211129211151j:plain

ゼインアーツの収納袋はサイズに余裕があるので、無理に小さくしなくても大丈夫です。

 

f:id:itukadarekano:20211129211218j:plain

収納後、コンプレッションベルトで締めるとコンパクトにできます。

 

が、締めすぎると幕にシワがつきそうなので、軽く止める程度にしています。

 

f:id:itukadarekano:20211129211242j:plain

完成です!

 

おつかれさまでした!

 

参考:設営ガイドがあればビルディングテープは不要!

f:id:itukadarekano:20211129224448j:plain
f:id:itukadarekano:20211129224508j:plain

さて、お気づきの方もいるかもしれませんが、僕のゼクーにはビルディングテープがありません。

 

現状、不要になってしまった為、一部は取り外してしまいました。

 

それができたのは、自作の設営ガイドで設営ができるようになったからです。

f:id:itukadarekano:20211116213905j:plain

撤収時も、テープでごちゃごちゃする事がなく、すっきり綺麗に畳めるようになりました。

 

※但し、外すテープは下記図の内側3か所(グレー2本と黒1本)のみにして、外周の3か所(エクステンションフレーム部)は残した方が良いです。ここはフレームが開きすぎるのを抑える効果があると考えられ、外してしまった場合は、ジッパーが空きにくくなる可能性があります。

f:id:itukadarekano:20211205193753j:plain

 

設営ガイドに興味がある方は、ぜひこちらも参考にしてください。

 

参考になれば、とても嬉しいです。

 

www.itukadarekano.com