よんすたの散歩道

ゼインアーツ情報とキャンプ用品レビューがメインのブログ

部屋キャンを楽しむオススメアイテム!テント・ランタン・ラグ・小物

キャンプが楽しい!毎週いきたい!なんなら平日も行きたい!

 

…いや、それはさすがに無理ですよね。

 

となれば家でもキャンプ気分を味わいたい!一度は考えたことがあると思います。

 

部屋キャンプ。いわゆる「部屋キャン」。これまで、数え切れないほどやってきました。

 

そんな僕なりの、部屋キャンの楽しみ方をご紹介しようと思います。

 

 

 

部屋キャンレイアウト。1年前と今の比較

f:id:itukadarekano:20220118204249j:plain

部屋キャン:現在

f:id:itukadarekano:20220118204404j:plain

部屋キャン:1年前

自分でも驚きましたが、全然違います(笑)

 

思えばだいぶ試行錯誤してきました。はじめの頃は「キャンプのリアリティ」をひたすら追求していましたが、最近は「自分が快適と感じる空間」を重視するようになりました。

 

ポイントを上げるならば、下記アイテムの活用です。

・テント、ラグ

・ランタン

・小物

 

順に、ご紹介しますね。

 

部屋キャンのポイント:テント、ラグの活用

f:id:itukadarekano:20220201002903j:plain

f:id:itukadarekano:20220118211155j:plain

キャンプといえばやっぱりテント。

 

そして部屋の雰囲気を全く変えてしまうラグの効果は圧倒的です。

ハードルが高く感じるかもしれませんが、やってみるとなんとかなるものです。

 

画像はビジョンピークスのTCルーテント。購入時は、ゼクーMのインナーテントでも使えて、部屋キャンにもベストサイズって事が決めてでした。

 

サイズは220×180cmなので、6畳の部屋でも張る事ができます。

 

画像のベージュのラグは、ホームセンターのナフコで3990円で購入したものです。

畳の上にいくら道具を並べてもやっぱり「部屋感」が残ります。

ラグを敷くことで、ガラッと雰囲気が変わるのでオススメです。

 

f:id:itukadarekano:20220118211514j:plain

ルーテント購入前は、DODワンポールテントのインナーを張ったりしてました。

 

自立しないテントですが、もちろんペグは打っていません。家具に引っ掛けたり、ペグダウンのループに鉄アレイで重しにしたりして固定すれば、割となんとかなります。

 

f:id:itukadarekano:20220118211725j:plain

センターポールを二股ポール(DODのフタマタノキワミ)に交換。

 

小さなテントでも、少しの工夫で快適なおこもり空間が完成します。

 

f:id:itukadarekano:20220118211942j:plain

おまけにこちら。なんとタープ(ゼインアーツのゲウ)を張っています。

 

さすがに8畳部屋には収まりませんでしたが、囲まれ感はまあまあでした。

 

なお、この時は設営になんと4時間(笑)オススメはしません。

 

 

部屋キャンのポイント:ランタンの活用

f:id:itukadarekano:20220118212323j:plain

せっかくキャンプ道具を並べても、家の白いLED照明ではやや残念…。

 

せっかくなので、キャンプで使用するランタンを使っちゃいましょう。

 

ちょっと暗いかな?と思うかもしれませんが、実際キャンプ中ってそんなに明るくないですよね。

 

ランタンは複数使用すると、室内に「立体感」ができ雰囲気が出るのでオススメです。

 

ランタンハンガーだって使えます。

僕はオズハンガーをカーテン固定用ループでぐるぐる巻きにして固定してますが、やっぱりこの高さはいい感じです。

 

f:id:itukadarekano:20220118212854j:plain

上からの照明が欲しい時は、上部にガイロープを伝わせてランタンを引っ掛けるという手もあります。

 

明るさが欲しいけど、雰囲気は壊したくない場合にはこのように設置しています。

 

最後に、当然ですが室内使用なので、使用しているのはすべてLEDランタンです。

 

充電式のランタンだと電池のゴミも出ないので気楽に使えますね。

 

f:id:itukadarekano:20220201004606j:plain

メイン照明と間接照明をうまく使い分けるのもポイントになります。

上の画像では、レイルロードランタンをテーブル下に置き間接照明のように活用しています。

 

f:id:itukadarekano:20220207194310j:plain

この画像では、右側のユニフレーム焚き火テーブルの裏にBeszingのLEDランタンを取り付けています。

 

マグネット式なので、ぴったりくっついて落下の心配もありません。フィールドラック裏にも装着できます。

f:id:itukadarekano:20220207204008j:plain

テーブル裏にピタっとフィット

たったこれだけで、めっちゃいい雰囲気を作ってくれます。

2000円ちょっとで変えるのに、白系・暖色系と切り替えもできてバッテリーの持ちも良い。こいつは本当にコスパモンスターです。

 

 

部屋キャンのポイント:全体の統一感

f:id:itukadarekano:20220118213503j:plain

全体の色合いに統一感がでると、いい雰囲気になってきます。

 

僕の場合は、ベージュ系・ウッド系が中心です。

 

まあこれは「部屋キャンの為に」ではなく、普段のキャンプで道具の統一感を意識して物をそろえていったら、結果的に部屋キャンの雰囲気もよくなった、という内容です。

 

僕は決してセンスが良い人間ではないですが、色が増えすぎないように意識するだけで、ある程度まとまってくると思います。

 

f:id:itukadarekano:20220118214326j:plain

ちなみにこちら、実際のキャンプでのレイアウトです。

やっぱり部屋キャンと雰囲気がだいぶ近くなってきています。だからこそ、家でもキャンプ気分が味わえるんですね!

 

 

 

部屋キャンのポイント:小物の活用

f:id:itukadarekano:20220118215031j:plain

個人的な超・オススメポイントです。

 

まあ、部屋キャンというか、普通のキャンプでもオススメなんですが、小物を使うとテンションが上がります。

 

これに限っては、もはやキャンプ関係なく、自分の好きなものを持ち出して並べちゃいましょう!

 

f:id:itukadarekano:20220207193547j:plain

ガンプラの秘密基地をつくったり

 

f:id:itukadarekano:20220207193745j:plain

ガチャガチャの小物とか

 

f:id:itukadarekano:20220207193831j:plain

ゆるキャン△グッズを並べたり

キャンプは自由だ!それならば、部屋キャンだって自由でいい!

 

好きな物に囲まれた、自分だけの空間。秘密基地ともいえます。

 

大人になっても、秘密基地を作るのは最高に楽しいです。我慢は不要!やっちゃいましょう!

 

 

まとめ:部屋キャンは本当に楽しい!やらなきゃ損!

f:id:itukadarekano:20220201002903j:plain


まさかここまで家キャンにはまるとは…。

 

本当に想定外でした。今や、平日の部屋キャン⇔週末のキャンプをずっと繰り返しています。

 

キャンプ行く前に部屋キャンの撤収が必要になるのは、やや辛い所ですが(笑)

 

でも、好きな道具に囲まれて、好きな時間を過ごせる部屋キャン、本当にオススメですよ。

 

興味が沸いた方はぜひ、お試しくださいね!