よんすたの散歩道

ゼインアーツ情報とキャンプ用品レビューがメインのブログ

ゼインアーツ・ゲウを斜めに張る!ロー&ワイドで安定感のあるスタイルに

ゼインアーツのゲウを利用して、約1年が経ちました。

 

普通に張っても実用性・かっこよさとも満足しているタープですが、いつもと違う張り方を試したいと思い今回は「斜め張り」に挑戦しました。

 

具体的には、メインポールの片方を短くして後ろ下がりに張る方法です。

 

実際にやってみて良かったのか?注意すべき点はあるか?などまとめておきます。

 

 

 

ゲウの斜め張りとは?

画像の通りですが、本来同じ高さのメインポールの後方を低くした張り方です。

ゲウのメインポールは240cm。

通常は60cmのポールを4本を接続して使用します。

 

斜め張りの場合は、メインポールの後方を1本抜いて、

前方:240cm
後方:180cm

の長さで設営をします。

 

タープの形は後ろ下がりの形状になります。

 

 

デザインのバランス感はどうか?

斜め張りしたゲウを後方から見た画像です。

 

メインポールが低い分、タープはより左右へ広がる形状になります。

※後方の角2カ所は地面に近い位置で固定しました。

 

印象としては「ロー&ワイド」といった感じです。

 

車の表現でよく使用される言葉ですが、どっしりと安定感があってかっこいいと思います。

 

タープの角度が緩やかになったことで「優雅」にも見えますね。

結構気に入りました。

 

通常のポール高さで、隅を落とす設営をすると「シャープな印象」になります。

張り方一つでここまで印象が変わるとは、とても不思議でおもしろいです。

 

 

斜め張りのメリットは?

斜め張りの前方から見たイメージです。

 

後方は低く、視界を遮りプライベート感を作り出します。

 

前方は大きく開くことで、景色をめいっぱい楽しむ事ができます。

 

まさにいいとこ取り。斜め張りならではのメリットですね。

 

 

次に、テントとの距離感です。

画像は、メインポールは通常の高さでTCルーテントを使用したものです。

 

悪くはないんですが、なんというかテントとタープのすき間が開きすぎて気になります。

(そんな事を気にするの自分だけですが。。)

 

次に斜め張り&TCルーテントです。

 

タープとテントがぐっと近づいて、全体のバランス感があがったように感じます。

 

 

他にはランタンに手が届きやすく、光量調整がしやすいとも感じました。

 

今回は低くなっている後方はテントスペースだった為、窮屈さはあまり感じませんでした。

 

 

斜め張りのデメリットはないか?

最も注意すべきは雨です。

 

メインポールを片方下げ、サイドポールは直立とした場合、雨が溜まりやすくなる場所ができます。

画像の赤丸部分です。

 

実際にこの日は雨が降り、この位置に水が溜まりました。

 

メインポールの前方を240cm、後方を180cmとした場合、サイドポールを直立させると高さが高すぎです。

 

その影響で水が溜まりやすい形状になってしまいます。最悪、倒壊に繋がります。

 

 

対処としては、サイドポールを短くすればいい。

 

とはいえ、ゲウのサイドポールはバンジーコードで繋がっていて短くできないので、ポールを斜めにする事で高さを下げます。

 

イメージとしては、前方のメインポールと後方の角が横からみて一直線になるようにします。

 

これで水をうまく流すことができました。

 

余談ですが、斜めにしたポールの端部はペグ打ちしました。

 

ポールが滑りにくくなり、強度が上がります。

 

さらにサイドポールのガイロープは1本→2本に増やしています。

 

タープは風に弱く倒壊するとかなり悲惨なので、補強はいつも念入り行っています。

 

 

タープの高さが低くなった窮屈さは、あまり感じませんでした。

それよりもタープがより左右に広がった事による、雨の入り込みにくさがメリットに感じました。

 

 

さて、ということで思いのほか楽しめたゲウの斜め張り。

注意点もありますが、思いのほか良い点もありました。

 

次は、メインポールを両方180cmにしてめいっぱい低く&広くしてみるのもおもしろいかもしれません。

 

以上、おわりです!

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

 

www.itukadarekano.com

 

www.itukadarekano.com