よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

キャンプの夜に安心と安全を。ダラカのロープライトをレビュー

ダラカのロープライトを実際にキャンプ場で使用してきました。

 

ライトでペグの位置をわかるようにし、安全性を上げることが目的でしたが、その他にもメリットが多くありました。

 

コスパも満足度も高い製品ですので、参考になれば幸いです。

 

 

購入後の開封レビューはこちら↓

itukadarekano.hatenablog.com

 

 

f:id:itukadarekano:20210412191736j:plain

 

 

ロープライトの設置方法

f:id:itukadarekano:20210412191807j:plain

ガイロープにロープライトのフックを引っ掛けるように設置しました。

 

光量は結構あるので、ライトは下向きに。

 

ペグの位置をはっきりさせることが目的なので、最初はペグの真横に設置したのですが、草の背が高かったので、ペグから5センチ程上へずらしました。

 

わずかに高さを上げる事で、遠く離れた場所からでも明かりを確認することができます。

 

砂利や土のサイトでは、「地面に置く」だけでも充分明かりを認識できると思います。

 

 

今回はゼクーMの外周12カ所のペグのうち、10カ所にライトを設置。

 

10個セットで購入したので、2個分足りませんでしたがまずは様子見です。

 

 

ロープライトのもたらす圧倒的な安心感

f:id:itukadarekano:20210412192655j:plain

この安心感は想像以上です。

夜の食事や焚火の際にテントに出入りする機会ってそこそこありますよね。

 

ライトを持つのも面倒で、結局足をひっかけるなんてことがよくありました。

 

お酒も入っていると、なおさらです。

 

ロープライトがあると意識せずともペグとロープを認識できます。

 

パッと見で分かる安心感は絶大でした。

 

 

メリットは引っかかり防止だけじゃない

f:id:itukadarekano:20210412193455j:plain

画像の中心にはテントがあります。

 

消灯しているのでテントはほぼ見えませんが、

 

「そこにテントがある」ことがロープライトのおかげで分かります。

 

敷地が広く、照明のないサイトでは夜は暗闇。

 

そんな状況では迷子にもなりやすいですが、この明かりがあると、自分のテントの位置がすごくわかりやすいです。

 

ある程度距離があっても、色と配置で目につきやすい。

 

ガイロープへ足を引っ掛ける事を防止するだけでなく、迷子防止の面でもかなりの効果があると感じました。

 

 

「イルミネーション」という点でも高評価

f:id:itukadarekano:20210412193342j:plain

一定の距離感で点々と照らすほどよい明かり。

 

テントを飾るイルミネーションとしてもおしゃれだと思います。

 

「このライトおしゃれですね!どこのですか?」と声をかけられることも珍しくありません。

 

カラーは下記の6色あるので、好みの色で飾り付けてはいかがでしょうか。

 

サイトの雰囲気がガラッと変わりますよ。

 

【カラー】

イエロー/グリーン/ピンク/ブルー/ホワイト/レッド

 

 

翌朝のロープライトの状況

f:id:itukadarekano:20210412194521j:plain

使用日は最低気温0度前後。

 

夜から朝まで付けっぱなしで使用。(点滅ではなく、点灯で使用)

 

朝にはロープライトも少し凍っていましたが、故障はありませんでした。

 

冬場の使用にも耐えられそうです。

 

※夜に点灯した際、明かりが暗いものがありました。寒さの影響か接触の問題かわかりませんが、スイッチを入れなおした所、正常な明るさで点灯しました。

 

 

まとめ:満足度は高い。あとは電池の持ち次第。

f:id:itukadarekano:20210412192624j:plain

一度だけの使用ですが、満足度はかなり高いです。

 

1個100円程度でこの安全&安心感とおしゃれ感はコスパも高い。

 

気になるのは電池の持ちですが、これは使用回数を重ねてから再レビューしようと思います。

 

現時点では、キャンプ用品レギュラー入り確定。

 

大事に使用していこうと思います。