よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

ゼクーM所持者から見た、ゼクーLであることのメリット

ゼインアーツの2021年新作テント、ゼクーLを展示会で見てきました。

 

サイズ拡大化によるメリットは、居住性アップだけではありませんでした。

 

ゼクーMでやや不便と感じていた点が見事に解消されていたのです。

 

ゼクーMとゼクーLを比較しながら、解説していきます。

 

 

ゼクーMとゼクーLの大きさを比較

f:id:itukadarekano:20210309223653j:plain

ゼクーの大きさは六角形という事もあり、把握しずらいです。

 

ゼクーLはゼクーMに対し、幅方向で1m、高さは35cmアップしました。

 

一辺の寸法も50cmアップしており、現物を見比べると数値以上の大きさを感じます。

 

 

ゼクーLであることのメリット

実用的なテント出入口の増加

f:id:itukadarekano:20210309194806j:plain

ゼクーL

サイズ拡大による居住性アップに目が行きますが、個人的にはエクステンションフレームのサイズ拡大による出入り口の実用性アップがすごく良いと感じました。

 

ゼクーのテントへの出入りは、大開口部を利用するまたは、3か所のエクステンションフレーム(A形状のフレーム)部を利用する、の2択です。

 

f:id:itukadarekano:20210309200022j:plain

ゼクーMの出入り口

ですが、ゼクーMの場合エクステンションフレームはそれほど高さがなく、ここからの出入りはそれなりに腰を屈めることになります。

 

やはり僕も、大開口部をメインの出入り口として利用することになりました。

 

また、この大開口部にはメッシュがなく、夏に解放したままだと虫が入り放題になってしまうというという問題もあります。

 

 

ゼクーMとゼクーLのエクステンションフレームの高さ比較

f:id:itukadarekano:20210309201218j:plain

ゼクー Aフレームの高さ比較

ゼクーMとLのAフレームの高さ比較画像です。

 

モデルの身長は170cmです。

 

ゼクーMはAフレームの頂点が肩のちょっと上くらい。出入りの際は「よっこらしょ」と腰を曲げる必要があります。

 

対してゼクーLのAフレーム頂点は頭より高い位置。出入りの際は「よっ」と頭を少し曲げる程度で済みます。

 

この、「よっこらしょ」と「よっ」の差はわずかなようで実はかなりの違いがあります。

 

フレーム頂点の高さは下記の通りです。

 ゼクーM : 約140cm

 ゼクーL : 約170cm

 

ゼクーLにおいては、Aフレームからの出入りは、充分すぎるほどの実用性があると感じました。

 

 

ゼクーの出入りはAフレームの方が開閉が楽

f:id:itukadarekano:20210309204701j:plain

大開口部から出入りする場合、斜めに張った幕の下方隅へ手を伸ばしジッパーを開ける必要がありますが、結構狭いです。(上図:左)

 

対してAフレーム位置から出入りする場合は、ジッパーの開閉は上下方向ですので、楽な姿勢で行えます。(上図:右)

 

Aフレームに充分な高さがあるならば、テントの出入りはAフレームの方が圧倒的に楽です。

 

※Aフレームから出入りの場合、幕体のジッパーとメッシュ部のジッパーの2つを開閉する必要があります。それを考えても、姿勢が楽は方がやっぱり良いです。

 

 

実用的な出入口の増加=テントを張る向きの選択肢増加

f:id:itukadarekano:20210309202106j:plain

 実用的な出入口が1カ所→4カ所になる事で、テントを張る向きの自由度がとても増します。

 

かっこいいテントを張ると、写真を撮るのが楽しくなります。

 

実用性を損なわず、撮影したい角度でテントを張れるのって、結構いいと思います。

 

f:id:itukadarekano:20210309203117j:plain

ゼクーの撮影は、すごく楽しいです

 

 

しっかりとした2ルームで使える

f:id:itukadarekano:20210309194806j:plain

インナーテントを入れても余裕のサイズ

 ゼクーMのインナーテント(オプション)は、フロアシートと同サイズです。

 

よって、2ルームとは言えず、単純にテント内にメッシュテントを追加したイメージです。

 

一方ゼクーLはそのサイズ的余裕から、インナーテント+リビングというしっかりとした2ルーム運用が可能です。

 

これはうらやましい。

 

純正インナーテントの使い方としては、ゼクーMとゼクーLで全く違いますね。

 

個人的にはゼクーM用のハーフインナーテントも期待したいです。

f:id:itukadarekano:20210416224926j:plain

ゼクーMのテント内レイアウト。ゼクーLは、圧倒的に広い!

 

M→Lは単純なサイズアップではない?

f:id:itukadarekano:20210309221548j:plain

左:ゼクーM 右:ゼクーL

注)下記内容は未確認項目です。誤りがある可能性があります。

 

ゼクーLは単純にゼクーMをサイズアップしたものと思っていました。が、各部位のバランスがちょっと違うような気がします。

 

例えば、テント下部の小型ベンチレーション箇所は、サイズがあまり変っていないように見えます。

 

よって、MとLは全体のバランスが、変わっているかもしれません。

見方を変えれば、サイズ拡大に伴い機能面を考慮したサイズにしっかりと最適化されている、という捉える事ができます。

 

いずれにしてもかっこいい事に変わりありません。

 

補足すると、ゼクーLはやはり大きいです。近くで見ると「見上げる感じ」があります。

 

 

おまけ:ゼクーの結露について

f:id:itukadarekano:20210309212030j:plain

結露は、します

結露について悩まれる方は多いと思いますが、ゼクーも結露はします。僕も購入時はこの点で最後まで悩みました。

 

画像は、外気温ー2度前後、幕内でレインボーストーブを使用していた際の結露状況です。

 

たまにポタっと垂れる程度の結露はありました。

 

ゼクーLも同じ素材ですので、やはり結露は発生するものと思います。

 

f:id:itukadarekano:20210411184528j:plain

が、冬場も使用した感想としては、そんなに心配するものではなかった、というのが本音です。

 

逆に、結露を心配しすぎて他のテントを買わなくてよかった、とも思います。

 

冬場のキャンプは結露したテントをしっかりと乾かしてから撤収する為に、

  • 撤収日の天気
  • チェックアウト時間(できれば11時~)
  • 設営場所の朝の日当たり

に注意するようにしています。

 

乾かしてからテントをしまう事ができれば、たいした問題にはなりません。

 

 

ゼクーLは満足度が相当高そうな製品

f:id:itukadarekano:20210327213346j:plain

ゼクーは、かっこいい!

いろいろと書きましたが、ゼクーLは納得して購入できる良い製品と感じました。

 

ゼクーM所有者としても、自信をもってオススメできる製品になると思います。

 

また、かっこいいテントにはかっこいいランタンを合わせたいですね。

 

オススメはやっぱりベアボーンズ。ゼインアーツのHPでも使われており、ゼクーとの相性はバッチリです。

 

キャンプシーズンになると品薄になりがち。欲しい色があったら早めの確保をオススメします!(僕は一度タイミングを逃し、その後の確保にだいぶ苦労しました。。)

 

では、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

itukadarekano.hatenablog.com

 

itukadarekano.hatenablog.com

 

itukadarekano.hatenablog.com

  

www.itukadarekano.com

 

itukadarekano.hatenablog.com