よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

家の木製テーブルをキャンプでも。ステッカーを貼れば雰囲気もばっちり

キャンプテーブルが欲しいけど、高くて買えず悩んでました。

 

そこでふと目についた家テーブル。

 

木製だし、意外といけるか?と思いキャンプで使用してみました。

 

 

思いのほか満足度が高かったので、ご紹介しようと思います。

 

f:id:itukadarekano:20210513204123j:plain

 

 

家のテーブルをアウトドアテーブルに

f:id:itukadarekano:20210513204244j:plain

さて、持ち出した家テーブルですが、もっと雰囲気が出るよう、アウトドアテーブルに改造することにしました。

 

準備するもの

  1. 家にある普通のテーブル
  2. お気に入りのステッカー

 

作り方

  1. テーブルにステッカーを貼る

  おわり。

 

 

どこが改造なんだ。とつっこまれそうですね。

 

画像のテーブルはホームセンターのナフコで3,000円程度で購入したものです。

 

キャンプ用テーブルって、木製になるとうん万円しちゃいますが、高すぎです。買えないのです。

 

f:id:itukadarekano:20210513215303j:plain

安いテーブルですが、脚の部分も折りたたみ可能で、持ち運びも全く問題なかったです。

 

脚を開いた状態では、しっかりロックされ、安定感も抜群。 

 

重量は4.9キロ。軽くはないけど、許容範囲内ですね。

 

 

そして大事なステッカー。

 

アウトドアショップで販売されてる好みのものでデザインでOK。

 

今回はふもとっぱらのステッカーをチョイス。文字の部分だけ貼られるタイプの為、違和感もなく貼れました。

 

まるで初めからそこにあったかのよう。

f:id:itukadarekano:20210513205819j:plain

ステッカーがあるだけで、キャンプ用品にしか見えなくなるから不思議です。

 

結構よくないですか?これ。

 

 

家のテーブルをキャンプで使用するメリット

家のテーブルをキャンプで使用するのは結構メリットがあります。

 

1.同じ素材なら意外と馴染む

2.コスパよし

3.保管場所をとらない

4.充分な広さ

 

同じ素材なら意外と馴染む

f:id:itukadarekano:20210513210435j:plain

素材さえ統一していれば、家のものであっても普通に馴染みます。

 

毎日のように目にしていたのに、なぜ今までキャンプに持っていかなかったんだろう。と不思議に思いました。

 

 

コスパ良し

f:id:itukadarekano:20210513211050j:plain

コスパ最高です。

 

だって、このテーブル。

3000円ですよ?ステッカー代を入れても3500円です。

 

木の板を買って自作したとしても、この値段では厳しいです。

 

アウトドアテーブルなんて、かなりコンパクトなものしか買えません。

 

そもそも、追加購入したわけではないので、コストゼロ。

 

まあ、お金がないから工夫するしかないんですけどね(笑)

 

 

保管場所をとらない

家のテーブルを畳んで持って行きます。

 

キャンプから帰ったら、そのまま家のテーブルになります。

 

よって、保管場所が必要ありません。

 

決して広くない賃貸のわが家。収納場所問題は深刻ですが、これならばノーダメージですね。

 

 

 充分な広さ

f:id:itukadarekano:20210513212510j:plain

もともと、家のテーブル。広さは充分です。

 

今まではユニフレームの焚火テーブルがメインでしたが、完全にスペース不足。

 

飲み物、ご飯、おかず、ランタン、スマホ、、、あれこれ置くと、すぐにいっぱいに。料理なんて当然無理でした。

 

無印の頑丈ボックスもテーブル代わりに物を置いてたけど、出し入れの度に置いた物をどかすのが超面倒。

 

家テーブルをメインに、焚き火テーブルはサイドテーブルとして。しばらくはこの運用が定着しそうです。

f:id:itukadarekano:20210513213549j:plain

 

 キャンプで使える家グッズ。もっとあるかも?

視点を変えて眺めてみれば、キャンプで使える家グッズ。

 

もっとあるかもしれません。

 

上手に節約して、浮いたお金でもっとキャンプにいっちゃいましょう(笑)