よんすたの散歩道

生活に余裕はないけど、キャンプはあきらめられない人。

ゼインアーツ・ゲウの設営面積は最小でどれくらい?区画サイトでも大丈夫!

ゼインアーツのタープ、ゲウがとても気に入っています。

 

ただ、気になるのは設営面積。

 

フリーサイトならいいのですが、区画サイトとなるとテントと一緒に収まるのか不安です。

 

てことで、検証しました。

 

ゲウの設営面積は最小でどれくらいか!?

 

早速いってみましょう。

 

 

ゲウの設営に必要な最小面積

f:id:itukadarekano:20211006214236j:plain

いきなり結論ですが、ゲウの設営に必要な最小面積は5.8m×5.8mです。

 

普通に設営した場合は7.4m×7.4m必要ですが、ガイロープ幅を各1mまで詰める事ができました。

 

※画像のMはメインポール。Sはサブポール側です。

 

ゲウの幕内有効面積は、3.8m×3.8m。

ガイロープは普通に張るとタープからは1.8m離れた位置にペグダウンしますが、この距離を1.0mに短縮する事ができました。

 

え?ゲウってもっと大きくない?と思われたかもしれません。
そう思われたあなたは超鋭いです。ゲウを広げ、4つの頂点の距離で見た場合は5.3m×4.9mあります。

f:id:itukadarekano:20211006220023j:plain

但し、実際に設営するとタープは三角屋根の形状になるため、有効面積は狭くなります。

f:id:itukadarekano:20211006220321j:plain

ゲウの場合、メインポールとサイドポールの落差が80cmあり、サイドポール間の距離はタープを広げた状態の4.1mから設営後は3.8mになります。

 

ちょっと話がそれましたが、タープの実際の広さって把握しずらいので補足しました。

 

 

ゲウの最小面積設営時の工夫

最小面積で設営=いかにガイロープの距離を詰めるか、です。

 

まず、サブポール側はガイロープを二股化し距離を詰めました。1.8mから1.0mに短縮です。

 

ゲウは普段から「角を落とす設営」をしているため、余っていたガイロープを使用しています。

f:id:itukadarekano:20211006221416j:plain

ガイロープ距離 1.8m

f:id:itukadarekano:20211006221507j:plain

ガイロープ二股化 距離 1.0m

また、より安定させるためポール端部は通常より内側にズラしたほうがよさそうです。

f:id:itukadarekano:20211006221109j:plain

ポール端部はいつもより内側に

 

メインポール側はもともと二股ガイロープの為、シンプルに距離を詰めました。

f:id:itukadarekano:20211006220811j:plain

ガイロープ距離 1.8m

f:id:itukadarekano:20211006220840j:plain

ガイロープ距離 1.0m

思いのほか安定していますが、こちらもポール端部はいつもよりやや内側に移動させました。

これで前後左右ともー80cm。

結果として5.8m×5.8mの面積で設営することができました。

 

 

最小設営時の注意点とデメリット

今回の最小設営によって、発生する注意点とデメリットがあります。

f:id:itukadarekano:20211006222853j:plain

二股化したガイロープがちょっと邪魔

まず、サイドポール側ですが、ガイロープの二股化により出入りの時にちょっと邪魔になりました。まあ、いつもはメインポール側から出入りするのでたいした問題ではないです。

 

暗くなってからは足を引っ掛けないよう、気を付けたいですね。

 

f:id:itukadarekano:20211006223153j:plain

今回の設営方法は、「ベストなガイロープの張り方」ではないため、強風時には注意が必要です。

 

設営面積を最小としたままさらに強度を上げるならば、メインポールのガイロープを三股にしてもよいかもしれません。角を落とした設営をしているならば、ちょうど2本のガイロープが余っているハズです。

 

 

f:id:itukadarekano:20211006224343j:plain

サイドポールのガイロープを二股化したことにより、ペグ必要数が2本増えました。

これもまあ、たいした問題ではないですが。念の為。

 

 

小スペース設計というゲウのメリット

f:id:itukadarekano:20211006225733j:plain

ゼインアーツの公式サイトに、「小スペース設計でありながら、広い有効面積を実現」という説明がありますが、初めて見たときは???って感じでした。

 

こんなに大きくてポールも4本のあるのに、なにが「小スペース」なんだろう?と。

 

ですが、考えながら設営している中で、ポールが4本あるからこそ、広いスペースを確保しながら設営面積を抑えることができるのか!と気づきました。

 

それでいて、このかっこよさ。うーん、素晴らしい。

 

今回のゲウの設営面積5.8m×5.8mには大きな意味がありまして、これがいければ10m×10mサイトでゼクーMと並べて設営できそう!という次の課題に繋がったわけです。

 

また機会がありましたらご紹介しようと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

www.itukadarekano.com

 

www.itukadarekano.com