よんすたの散歩道

ゼインアーツ情報とキャンプ用品レビューがメインのブログ

【検証】イワタニのマイ暖は0度以下のキャンプでも使用できるのか?【レビュー】

冬キャンプでのテント内サブ暖房用に、イワタニのマイ暖を購入しました。

 

当然、冬の使用がメインとなりますが、マイ暖はCB缶を燃料とするため0度以下の環境でちゃんと使えるのか?という心配がありました。

 

その他にも、ガス缶はどれくらい持つのか?屋外では使用できるのか?など気になる事が多くあったので、早速冬キャンプで検証してきました。その結果について、まとめておきます。

 

※検証結果は使用環境による異なると思われますので、今回の結果はあくまでも参考程度としてご理解のほどお願いします。

 

 

【検証①】マイ暖は0度以下でも使用できるか?

f:id:itukadarekano:20220115071444j:plain

結論:使用するガス缶によるが、使用できる

2022年1月 標高約500mのキャンプ場テント内での使用結果です。

 

ガス缶は各メーカーから「標準品」と「低温時対応品」が発売されていますが、今回はイワタニのオレンジ(標準品)と、SOTOのパワーガス(低温対応品)を使用しました。

 

仕様 イワタニ SOTO
標準品 オレンジ
CB-250-OR
レギュラーガス
ST-700
低温時
対応品
パワーゴールド
CB-250-PG
パワーガス
ST-760

※マイ暖の推奨品はイワタニのガス缶です。SOTOのガス缶での安全性試験は行われていない為、自己責任での使用となります。

 

なお、マイ暖には火力「標準」と「弱」のモードがあり、検証は「標準」で行いました。

 

 

検証結果まとめ

気温 ガス缶
イワタニ(オレンジ)
CB-250-OR
SOTOパワーガス
ST-760
3℃
0℃
-1.5℃
-3℃ ×

2022年1月 標高約800mのキャンプ場のテント内での使用結果です。気温はテント内の測定温度です。※標高は2000mを超えると酸素濃度が下がる為、点火しにくく、ガスも気化しにくくなります。

 

追記:パワーガスは-5℃でも問題なく使用できました。

www.itukadarekano.com

 

 

気温3℃からー1.5℃までのテスト結果
結果は上図の通りですが、最も一般的なイワタニのオレンジのガス缶で、0度でも問題なく使用できました。

 

-1.5度でも使用可能で、特に異常はありませんでした。

f:id:itukadarekano:20220115062531j:plain

イワタニオレンジ/-1.5℃まで問題なし

マイ暖は「すぐに暖かくなる」が売りですが、テント内0度前後の環境でも1分程で暖かさを感じる事ができました。

 

灯油ストーブも使用していますが、暖かくなるまで時間がかかるため、寒い朝でも「すぐに暖かい」メリットは割と大きいです。

 

f:id:itukadarekano:20220115082632j:plain

前面と上、50cm程度まで暖かい

暖かいのは前面と上方向です。15cmまで「熱い」。50cm程まで「暖かい」といった感じ。

 

用途はやっぱり、「足元を暖める」が適しています。その程度か…と思いそうですが、底冷えから解放される恩恵は大きいです。

 

 

気温-3℃でのテスト結果

f:id:itukadarekano:20220115062650j:plain

イワタニ オレンジ/-3℃ 着火状態安定せず中止

着火は成功したのですが、バーナー部が安定しません。本来は四角いバーナー全体が赤くなるのですが、赤と青が混じった状態で、ボボボッ、ボッボッと不安定な燃焼状態が続いた為、使用中止しました。

 

f:id:itukadarekano:20220115065410j:plain

SOTOパワーガス/-3℃ 使用可能

標準仕様のガス缶の限界を感じ、SOTOパワーガスに切り替えたところ、何の問題もなく点火しバーナーもすぐに安定しました。

 

CB缶が低温時に弱いのは気化しにくくなるからです。低温時対応品のガス缶は気化率の高いイソブタンの比率が高められており、マイナス気温環境下では明確な違いを感じます。

 

寒い朝、コーヒーのお湯を沸かそうと思ったけど、バーナーがすぐに弱くなっちゃう…。パワーガスに変えたらちゃんと火がついてすぐに湧いた。よくある話です。湧かないお湯を待つのはほんと苦痛ですよね(笑)

 

寒い時に使いたいのに使えなかったら最悪だな…と心配でしたが、とりあえず使用できたので一安心です。

 

標準品よりちょっと高いですが、冬はどちらも持っておきたいもの。僕は標準品2本:パワーガス1本程度の比率で常備しています。

 

 

【検証②】マイ暖の持ち時間はどれくらいか?

f:id:itukadarekano:20220115071627j:plain

燃焼時間は…気になる所

ガス缶1本でどれくらい持つのか?はとても気になる所です。
イワタニオレンジを「標準」モードでテストしました。

 

結果:3時間40分で燃料切れになりました。
意外と持ったな、という印象です。

 

なお、マイ暖の仕様上は、以下のように記載されています。
標準運転時:約3時間20分
弱運転時 :約3時間55分

 

車の燃費みたいに、実際はスペックよりも悪い。よくある話ですが、おおよそスペック通りでした。

 

欲を言うと、「弱モード」ではもう少し持って欲しかったという印象です。

 

標準と弱では暖かさが結構違いますが、持ち時間は30分程度しか変わらない…。これならケチらず標準でしっかりと暖まったほうが良いと感じました。

 

f:id:itukadarekano:20220115074031j:plain

持って行くのも、捨てる本数も増えます

コストはざっくり、200円/200分。1時間当たり60円程度。(※イワタニ純正を使用の場合)

 

これだけ見ると高く感じますが、灯油もリッター100円くらいするので、決して安くない。てことで「まあこんなもんか」と思います。

 

それよりも気になるのは「使用済みのガス缶」です。捨てられるキャンプ場なら良いですが、持ち帰りだと処分がちょっと面倒。こればかりは仕方ないですけどね。悲しいですが、荷物も増えます。

 

 

【検証③】マイ暖は屋外で使用できるのか?

f:id:itukadarekano:20220115074439j:plain

屋外は、無理です。

結論:無理です。

冬キャンプの醍醐味。星空撮影。でも寒い。マイ暖を足元に置けばいいのでは!?
軽い思いつきで試しましたが、これは無理でした。

 

マイ暖は当然ながら屋内使用を想定した設計です。で、風に弱いです。

 

テストしたのは気温マイナス2℃のテントの外。風は風速1m程度の微風です。

 

パワーガスを使用したので着火は問題ありませんでしたが、「微風」を受ける度にバーナー部が「ボボッ、ボッボッボッ」と不安定になります。

 

「完全な無風」であればいけるかもですが、そんな日はほとんど無いので屋外使用をメインと考えているならば、マイ暖は適しません。

 

ま、検証内容に無理がありすぎでした(笑)

 

 

【まとめ】マイ暖は冬キャンプで「そこそこ使える」

f:id:itukadarekano:20220115075707j:plain

ゼクーMのサブ暖房を探す中で、「マイ暖」は当初、選択肢にありませんでした。低温時には使えないだろうな…と思っていたからです。

 

ぶっちゃけ、たまたま特価で売っていたので、「とりあえず買い」してしまったのです…

 

が、使用してみてパワーガス(低温時用)を使えば、マイナス気温でも思いのほかいける。という結果になりました。

 

「テントを暖める用途」で考えた場合、ソロ用小型テントならば充分期待できますが、大型テントを暖めるには無理があります。メイン暖房があり、スポット的に暖める役割が適しています。

 

手軽さ・コンパクト・すぐ暖かいというメリット理解して使用し、販売価格も安い事を考慮すると冬のキャンプギアとして「そこそこ使えるからアリ」が僕の結論です。

 

ストーブを持って行くまでもない秋キャンプにも手軽にもっていけそうです。

 

f:id:itukadarekano:20220115081722j:plain

キャンプ専用のつもりでしたが、家でもちょいちょい使ってます。

 

エアコンや灯油ストーブをつけるまでじゃないけど、ちょっと寒い。そんな時に、「すぐ暖かい」マイ暖は便利です。好きな場所へ楽に移動もできます。

 

6畳の部屋では、つけたあと部屋全体が「ほわーん」と暖かくなるのを感じる事ができました。部屋キャンにもいいですね。

 

 

以上、マイ暖の検証とレビューでした!

 

少しでも参考になれば、とても嬉しく思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。