コロナのストーブSZ-F32とトヨトミのレインボーストーブを比較!これは…絶妙なスペックだ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

コロナの新製品、SZ-F32に大注目しています。

理由は、サイズと出力(暖かさ)のバランスが絶妙だと思うからです。

これまでキャンプでは、トヨトミのレインボーストーブを使用してきましたが、
ゼクーMで使用する場合、若干のパワー不足を感じていました。

コロナのSZ-F32ならば、この「あともう少し」の部分を満たしてくれそうな予感がします。

ということで、今回はコロナのSZ-F32とトヨトミのレインボーストーブを比較していきます。

目次

SZ-F32とレインボーストーブのスペック比較

出典:コロナ

早速、仕様を比較していきます。

SZ-F32レインボーストーブ
暖房出力3.19kW2.5kW
暖房の目安木造:9畳
コンクリ:12畳
木造:7畳
コンクリ:9畳
寸法高さ475×幅355×奥行き355mm高さ474×幅388×奥行き388mm
重さ6.3kg6.2kg

大きさ・重さはほぼ同じ。

目安となる部屋の広さは見ても、レインボーよりSZ-F32の方が広い範囲をカバーできそうです。

暖房出力は30%近くSZ-F32が上回っています。

で、この30%が絶妙なんです。

ゼクーMにレインボーストーブではやや力不足

ゼクーMでレインボーストーブを使用すると、「そこそこ」暖かくなります。

「すごく暖かい」までは遠く及ばず、まあ寒さは凌げるかなというギリギリ最低限のレベル。

市販のストーブはざっくり分けると出力3kWまでの小型タイプと、出力6kW~の大型タイプに分かれます。

大型ストーブを使えばもちろん暖かいですが、ゼクーMではオーバースペック。

しかも10キロを超える重さで、積み込みは大変、家での保管場所の問題も出てきます。

というわけで、レインボーくらいのサイズ感で、もう2割~3割くらいパワーがあればベストと思っていました。

参考:大型幕を使用されている方に人気のトヨトミKS-67H。
重さは10キロを超えてきますが、その暖かさは別次元です。

ロロやゼクーLなどの大型幕ではこのクラスを使いたいですね。(実は値段も安いし)

SZ-F32は小型ストーブの中でトップクラスの出力

出典:コロナ

トヨトミのレインボーだけでなく、同クラスの他社製品とも比較します。

重要なのは、「出力と重さ」です。

製品暖房出力重さ
コロナSZ-F323.19kW6.3kg
アルパカストーブ3.0kW6.6kg
パセコ3.0kW5.3kg
トヨトミレインボー2.5kW6.2kg
フジカハイペット2.5kW5.6kg

後発ということもあり、SZ-F32はしっかりと他社を上回ってきました。

もちろん、数値だけで判断できない部分もありますが、信頼性の高い老舗メーカーですので期待は裏切らないでしょう。

ゼクーMの冬キャンプでは、「あともう少しの暖かさ」を補うために、イワタニのマイ暖をよく使用していました。

SZ-F32の暖房能力なら、それも不要になるかもしれません。

※でも、マイ暖は春や秋に活躍するから今後も使うけどね!

もうすぐゼクーMTCやギギ1TCが発売されますが、

SZ-F32はちょうど良いサイズ&パワーのような気がます。

TC素材という事もあり、ぬくぬく感はさらに期待できそうです。

個人的には、ギギ1TCとSZ-F32をセットで買いたい。きっと楽しい。とても楽しい。そんな冬キャンプがイメージできます。欲しい。ああ、とても欲しい。

サイトに調和するSZ-F32のカラーがいい!

コロナのSZ-F32は「アウトフィールド」という新ブランドで、明らかにキャンプでの使用を意識して開発されています。

デザインはランタン風でベージュカラーをまといます。

キャンプサイトの中でも、違和感なく馴染んでくれるでしょう。

参考までに僕の場合は、ベージュ・タンカラーのキャンプギアを揃えてきたのですが、

サイトに真っ白のレインボーストーブがあると、どうしても「浮く」感じがしちゃいました。

SZ-F32のようなベージュ系カラーを見ているとうらやましくなってきます。

まとめ:絶妙なサイズ・パワーで期待値は高い!

出典:コロナ

ということで、コロナのSZ-F32についてまとめます。

  • 小型ストーブの中ではトップクラスの出力
  • 「あともうちょっと」をクリアした絶妙なスペック
  • サイトに馴染むデザイン・カラーもいい感じ

こんな感じでしょうか。

さらに付け足すと、安心の国内メーカーって事。場合によっては生命にも関わる機器ですからね。

というわけで、これ以上調べると本当に欲しくなるので、今日はここまで!

おわり。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次